カテゴリ:台湾・高雄編( 4 )

台湾・高雄 7。

「憲法9条をノーベル平和賞に」 戦争をしない日本を世界に広めましょう。

c0288244_10331279.jpg
鳳山縣舊城南門

c0288244_1033579.jpg
鳳山縣舊城南門

c0288244_10343278.jpg
鳳山懸舊城

c0288244_1035180.jpg
世運主場館(高雄国家体育場) 国家体育場は台湾高雄市左営区の中海路と軍校路の交差点にあるスタジアムです。 高雄市政府により「ワールドゲームズ2009年」大会の為に建設された。  収容人数 55000人。

c0288244_10353197.jpg
台湾新幹線 1。

c0288244_10365322.jpg
台湾新幹線 2。

c0288244_10373095.jpg
台湾新幹線 3。

c0288244_1038152.jpg
台湾新幹線 4。

c0288244_10383124.jpg
台湾・高雄港に停泊中のHolland America Line号 1。

c0288244_10315748.jpg
台湾・高雄港に停泊中のHolland America Line号 2。

http://nobuyasu.blog72.fc2.com/
[PR]
by nobuyasu27 | 2014-07-03 11:58 | 台湾・高雄編

台湾・高雄 6。

「憲法9条をノーベル平和賞に」 戦争をしない日本を世界に広めましょう。

龍虎塔 蓮池潭の最南端にあり、1976年に建てられた龍と虎が大きな口を開けて待っている塔です。 高雄へ来たら、ほとんどの人がまずはここを見に行くというほど人気スポットとなっています。 龍と虎の塔はどちらも7層建てとなっており、仏家の七級浮屠を表しています。 2つの塔を龍と虎がそれぞれ守っており、龍の口から入って虎の口から出ることができます。 塔内には中国伝統の教義や故事、神仏画などが描かれています。
c0288244_15482831.jpg
龍虎塔 1。

c0288244_15465915.jpg
龍虎塔 2。

c0288244_15462489.jpg
龍虎塔 3。

c0288244_15443463.jpg
龍虎塔 4。

c0288244_15475796.jpg
龍虎塔。 虎の口。

c0288244_15473124.jpg
龍虎塔。 龍の口。

c0288244_15501399.jpg
龍虎塔の内部。 中国伝統の教義や故事、神仏画 1。

c0288244_1549494.jpg
龍虎塔の内部。 中国伝統の教義や故事、神仏画 2。

c0288244_15492120.jpg
龍虎塔の内部。 中国伝統の教義や故事、神仏画 3。

c0288244_15485764.jpg
龍虎塔の内部。 中国伝統の教義や故事、神仏画 4。

c0288244_15445869.jpg
慈濟宮。

http://nobuyasu.blog72.fc2.com/
[PR]
by nobuyasu27 | 2014-06-10 10:00 | 台湾・高雄編

台湾・高雄 5

「憲法9条をノーベル平和賞に」 戦争をしない日本を世界に広めましょう。 賛同の方は次のアドレスに「www.http://chn.ge/1bNX7Hb」に一票をクリックしてください。

高雄市の少しはずれ左營區にある「蓮池潭」は、周囲約5km、水域面積は約75ヘクタールと、区内最大の淡水湖です。 昔は池の中にはたくさんの蓮の花が植えられており、夏の暑い時期になると、湖には蓮の花が満開となり、すがすがしいさわやかな香りが溢れ、とても美しい景色を見ることが出来たことから 「蓮花潭」 とも呼ばれていました。
c0288244_10554573.jpg
舊城漫遊バス路線図。

c0288244_10562629.jpg
蓮花潭案内板。

c0288244_10565785.jpg
北極亭玄天上帝像廟 1。
湖畔に聳え立つ72mの巨大な神像は、玉皇上帝の勅命により建てられたといわれています。 手に握られている七星宝は長さ38.5mあり、最高の剣といえます。

c0288244_10571612.jpg
北極亭玄天上帝像廟 2。

c0288244_10574157.jpg
北極亭玄天上帝像廟 3。

c0288244_1058338.jpg
北極亭玄天上帝像廟 4。

c0288244_10583027.jpg
五里亭
五里亭 春秋閣の奥の方にある長い橋を進んでいくと、そこには1978年に建てられた3層建て中国式東屋の「五里亭」があります。 反り返るような屋根が特徴のこの建物もまた、色とりどりにあでやかで美しいものとなっています。 1階にはなぜか子供用遊具がいくつか設置されており、2階へ上がると、とても心地良い風を感じながら一息つくことが出来ます。

c0288244_10585030.jpg
五里亭。

c0288244_10592273.jpg
春秋閣
龍虎塔から少し北の方へと歩いて行くと、観音様が龍に乗っている姿がとても眩しい春秋閣があります。 春閣・秋閣の同じ大きさのふたつの塔からなり、1953年、武聖、関羽を祭って建てられました。 春閣と秋閣の間には、騎龍観音像があり、観音菩薩が雲の間から龍に乗って現れ、信者にその姿の像を現在の位置に立てるよう命じたという伝説があるようです。

c0288244_10594911.jpg
春秋閣。
中国宮殿式の春閣と秋閣は、1953年に建立されました。 2つの楼閣は九曲橋で繋がっています。 伝統的な八角形の建築スタイルを有し、楼閣の上からは九曲橋や湖の景色が眺められます。

c0288244_1101225.jpg
春秋閣。

c0288244_1103863.jpg
春秋閣内部。

c0288244_111389.jpg
春秋閣内部。

http://nobuyasu.blog72.fc2.com/
[PR]
by nobuyasu27 | 2014-06-05 10:00 | 台湾・高雄編

台湾・高雄 4

「憲法9条をノーベル平和賞に」 戦争をしない日本を世界に広めましょう。 賛同の方は次のアドレスに「www.http://chn.ge/1bNX7Hb」に一票をクリックしてください。

高雄市左営 孔子廟紹介
高雄市には古くから孔子廟があります。 まずは清代の康熙23年(西暦1684年)に首任鳳山知県(県の役職名)楊芳声によって、その当時県治(けんち、県庁に相当)所在地だった興隆荘(現在の高雄市左営区旧城国小学校一帯)に建てられます。 光緒3年(西暦1877年)になると97間の広さを持つ建造物である「北麓巨觀(ほくろくきょか

ん)」が増築され、孔子廟は外壁の総延長が122丈4尺(367.2m)にも及ぶ規模になりました。 清の光緒21年(西暦1895年)の日清戦争後、台湾は日本の統治下に置かれたため孔子廟が重視されることはなく、廟は荒れるにまかされ修理も行なわれませんでした。 大正3年(西暦1914年)に孔子廟は「旧城公学校」(現在の旧城国小)

になります。 戦後初期の時点では、かつての清代の孔子廟は荒れたままの状態の「崇聖祠」と祠の周囲の碑林(石碑の集合体のこと、現在の左営区旧城国小学校敷地内、三級古跡)をわずかに残すのみでした。 1973年、市長の王玉雲はかつての孔子廟があった場所の北東の位置、左営蓮池潭(れんちたん)の北岸、半屏山(はんびょう

ざん)に隣接する土地を選んで高雄市の孔子廟の再建に取り掛かりました。 占用面積は6,000㎡余り、建物の敷地面積は1,g800㎡余りで、1974年6月に着工され、1976年8月に落成しました。 敷地内には大成殿、大成門、東西廡(うざいぶ)、崇聖祠、檽星門(れいせいもん)、礼門(れいもん)と義路坊、明倫堂と絆宮坊(はんきゆうぼう)、

萬仭宮牆(ぽんじんきゅうしょう)、絆池(はんち)と拱橋(きょうきょう、アーチ橋)などの一連の建造物があります。 また敷が蓮地潭に隣接しているため、池も有効利用されています。 そのため「黌門(こうもん)」、「明倫堂」、「文昌祠」、「名宦祠(めいかんし)」、「郷賢祠」、「書院」等の付属の建造物は池の上に建てられ、それとともに廻廊(かいろ

う)と彫刻が施された石造りの欄干付きの橋などもあるため、来訪者は景観を十分に楽しめ、脇のスペースに設置された庭園で休憩することもできます。
c0288244_11571266.jpg
絆宮坊(はんきゆうぼう)

c0288244_16305298.jpg
萬仭宮牆(ぽんじんきゅうしょう)

c0288244_16312157.jpg
絆池與拱橋(はんちきょうきょう)

c0288244_16315573.jpg
大成門
大成殿の前に位置しており、単層寄棟造りの建築様式で五つのブロックがあります。この正門はかつて天子が孔廟に拝謁する際か、状元(科挙試験で最高の成績を収めた者)が県にいて、その及第者が孔廟にお参りする時にのみ開門されたので、通常は閉まった状態でした。 毎年9月28日の祭孔釋奠(さいこうしゃくてん)の時にも門は開かれ、典礼の終了後に閉じられます。 現在では台湾や外国首脳が孔子廟を訪れる際にも開門され、孔子に敬意を表します。

c0288244_16324620.jpg
大成門の内部

c0288244_16321861.jpg
大成殿
孔子廟のメインとなる建造物であり、面積は308㎡、曲阜にある孔子廟の基準を完全に採用して、北京故宮の大和殿の様式で建てられました。 大成殿の全体の構造は重層宮殿式で、雄大かつ荘厳、黄金色の瑠璃瓦の屋根に覆われています。 建物の前面には崇拝のための露天の舞台があり、孔子を祭る釋奠典礼(しゃくてんてんれい)で佾

舞(いつぶ)を舞う際に用います。 大成殿の屋根は、頂部の棟と妻側の棟の傾きが王者の御殿で使われる比率の角度になっています。 建物の頂部の棟の両端の位置には「蛸吻(ちふん、伝説の動物)」が置かれていますが、これは災いを鎮め火災を防ぐ力があるとされています。 「大成殿」の妻側の軒には、「乾清宮」の規準に則って、厄を除く効果があると敬われている 「龍吻仙獣(りゆうふんせんじう)」が九体、角の部分に配置されています。

http://nobuyasu.blog72.fc2.com/
[PR]
by nobuyasu27 | 2014-05-29 15:58 | 台湾・高雄編