<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

台湾・基隆編 2。

「憲法9条をノーベル平和賞に」 戦争をしない日本を世界に広めましょう。

特集ワイド:続報真相 2人の戦中世代が語る 「憲法が死んだ日」 毎日新聞 2014年07月04日 東京夕刊に掲載された記事の続き。

「憲法が死んだ日」?? 2014年7月1日を後世の歴史家はそう記述するかもしれない。 安倍晋三首相率いる自民党、そして「平和の党」を掲げる公明党までもが、この国を「戦争のできる国」に変えてしまった。 9条を持つ誇りはどこへ行ったのか? 無念をかみしめつつ、それでも若き同胞たちを戦地で死なせてはならない、と声を振り絞る2人の戦中世代に会った。

◇若者を再び戦地へ送るな?? 学徒出陣した元早大生・寺尾哲男さん(91)
わが国の安保政策の大転換となる閣議決定のあった翌日、私は東京・千駄ケ谷の国立競技場にいた。2020年の東京オリンピックへ向け、解体工事が始まっている。 待ち合わせたのは寺尾哲男さん(91)。 敗戦の色濃い43年10月21日、雨の降りしきるここ(当時は明治神宮外苑競技場)で、戦場へ送られる大学生らの壮行会があった。 

学徒出陣である。 早稲田大法学部3年生だった寺尾さんもぬかるむグラウンドを行進した。 学生服に角帽、足にはゲートルを巻き、肩に銃を担いで。 「まざまざとよみがえってきます。 東条英機首相の訓示がありました」残っているニュース映像を見た。 東条首相は甲高い声でこう呼びかけている。 「御国(みくに)の若人たる諸君が勇躍学窓より征途につき、祖先の威風を高揚し、あだなす敵を撃滅して、皇運を扶翼し奉るの日は、こんにち来たのであり

ます」。 学徒代表の東大生は悲壮な決意で答える。 「生等(せいら)(われら)今や見敵必殺の銃剣をひっさげ、積年忍苦の精進研さんをあげて、ことごとくこの光栄ある重任にささげ、挺身(ていしん)もって頑敵を撃滅せん。 生等もとより生還を期せず」。 そしてグラウンドに「海行かば」が響き渡る。 先日、AKB48のコンサートで盛り上がったばかりの競技場で、71年前にあった悲劇のセレモニーである。 「東条英機の声はラジオでよく聞いていました。 

壮行会の2カ月ほど前でしたか、試験勉強をしていると、学生徴兵猶予の制を解くとの演説が流れてきた。 いずれは戦争に行かなくちゃいかんだろうと友だちとも話していましたが、まさか、ときの首相が勉学にいそしむ学生に戦地へ赴けと命じるとは……。 そりゃ、びっくりしました。 学生にとって徴兵猶予は最大のプレゼントでしたから。 戦況は悪かったので、死ぬ可能性はあるなとは思いましたが、どうなるのか想像すらつかない。 首相の訓示ではっきり

と覚えているのは、敵国も君らのような学生が戦っているんだということくらいですかね」ぴんと背筋を伸ばした寺尾さん、マラソンゲートわきのフェンス越しにのぞく。 視線の先には壮行会から50年を迎えた93年に同期と建てた「出陣学徒壮行の地」と刻み込まれた石碑があった。 毎年、この碑の前で追悼会を行ってきた。 国立競技場が建て替えられることになり、碑も撤去されるのではと気をもんでいたところ、1日に運営する日本スポーツ振興センター

から連絡があった。 「近くの秩父宮ラグビー場内に仮置き場が決まったんです。 新競技場が完成すれば、碑も敷地内に戻されるとのこと、とりあえずほっとしました」。 くしくも閣議決定があった日だ。 「私は海軍航空隊員としてフィリピンのルソン島に赴きました。 隊員400人が死んだ。 食糧を送れ、と打電しても飛行機がない。餓死者も出ました。 二度と若者を戦地へ送ってはならない。 私は安倍さんのやり方が気に入らない。 戦争はしないと会見で

語っておられたが、いざとなれば、なし崩しになるとの不安があります。 クラス会に顔を出せば、戦死者のことが今も話題になる。 忘れようがありません。 自分の意思でなく死んでいく、それがいかにつらい、ひどいことか。 戦争を起こさないようにするのが政治家の一番の務めでしょう」 記事は憲法制定に寄せた芦田元首相の序文と続くが、この講は終わり。

『台湾・基隆編』
c0288244_18235145.jpg
台湾の国鉄だと思う。

c0288244_18242213.jpg
国鉄から地下鉄に乗り換えて。

c0288244_1825427.jpg
地下鉄を再度、乗り換えて。 台湾の人は親切で複雑な乗り換えホームを案内してくれました。 

c0288244_18252385.jpg
地下鉄を再々度、乗り換えて、中正記念堂に向う。 

c0288244_18254426.jpg
台湾の国鉄の切符。

http://nobuyasu.blog72.fc2.com/
[PR]
by nobuyasu27 | 2014-07-25 19:03

台湾・基隆編 1。

「憲法9条をノーベル平和賞に」 戦争をしない日本を世界に広めましょう。

特集ワイド:続報真相 2人の戦中世代が語る 「憲法が死んだ日」 毎日新聞 2014年07月04日 東京夕刊に掲載された記事。

「憲法が死んだ日」??2014年7月1日を後世の歴史家はそう記述するかもしれない。 安倍晋三首相率いる自民党、そして「平和の党」を掲げる公明党までもが、この国を「戦争のできる国」に変えてしまった。 9条を持つ誇りはどこへ行ったのか? 無念をかみしめつつ、それでも若き同胞たちを戦地で死なせてはならない、と声を振り絞る2人の戦中世代に会った。

◇国民をたぶらかしている??新潟県加茂市長(元防衛官僚)・小池清彦さん(77)「北越の小京都」といわれる新潟県加茂市。 山あいに広がる小さな町は冬ともなれば、深い雪に閉ざされるが、この季節は緑がまぶしい。 1日夕、元防衛官僚で、一貫して自衛隊の海外派遣に反対してきた市長の小池清彦さん(77)は市長応接室のテレビにクギづけだった。 集団的自衛権の行使容認を閣議決定した安倍首相の記者会見。 私も一緒に見た。 「決断には

批判を伴うが、批判を恐れず、平和への願いを責任ある行動に移してきたことが平和国家日本をつくりあげてきた……」。 首相が力を込めた瞬間だった。 穏やかな市長の顔が険しくなった。 「ほおー、そうですか。ならば、批判させていただきましょう」。 ぎゅっと拳を握った。 なにせ安倍首相宛てに解釈改憲反対の意見書を送ったばかりである。 <生兵法は大怪我(けが)のもと。 しかも集団的自衛権は違憲です。 日本は米軍基地だけでも十分な貢

献をしています。 さらに日本人の血を捧(ささ)げる必要はありません>。 防衛庁(現防衛省)防衛研究所長だった1990年、イラクがクウェートに侵攻し、自衛隊の派遣をめぐって国会が大論戦となるや、日本は世界の警察官になるべきでない、と幹部に説いて回った。 市長に転じてからも、イラク戦争(03年)に自衛隊を出すな、と小泉純一郎首相(当時)に要望書を出したりもした。 だが、安倍政権のなりふりかまわぬ暴走に「国民をたぶらかしている」と、

かつてないほど強い危機感を募らせていた。 5月3日の憲法記念日に加茂市は成人式を開く。 雪の1月はせっかくの晴れ着が台無しになるからとか。 今年の式のDVDを見せてもらった。 250人ほどの新成人に小池さん、こんな言葉を贈った。 「平和憲法があるから朝鮮戦争にも、ベトナム戦争にも派兵されなかったんです。 もし自衛隊員に犠牲者が出れば、自衛隊に入るものはほとんどいなくなる。 徴兵制にするしかない。 みなさん、30歳まで生き

られない人が大勢出てきますよ。 あなたも、あなたのフィアンセも。 集団的自衛権を認めてはダメです。 医学は進歩していきますから、みなさんは120歳まで生きられるかもしれない」。 すると、やんちゃそうな羽織はかま姿の新成人から声が飛んだ。「ブラボー!」「うれしかった。 私も市長として彼らを守る責任がある。 首相の唱える積極的平和主義はアメリカの先兵になること。 助けるのが男だろうみたいな。 かつて♪勝ってくるぞと勇ましく……東洋

平和のためならば、なんで命が惜しかろう……そんな軍歌を歌い、若者たちが戦場へ行かされた時代があった。それとどこが違うんです? お粗末な閣議決定とはいえ、一犬虚(いっけんきょ)に吠(ほ)ゆれば万犬実(ばんけんじつ)を伝う、ですよ。 虚偽なのに真実のようになってしまう。 これが段々エスカレートしていくのが恐ろしい」市庁舎の屋上に上がった。 山の向こうは長岡市。 45年8月1日、米軍機によるじゅうたん爆撃で、市街地の8割が焼失、

1470人余りが死亡した。長岡空襲である。 小池さんも焼かれていたかもしれなかった。 「ある日、よく風邪をひくので、母に連れられ、長岡の医者に診てもらいに出かけた。 へんとうを取ることになり、手術を今日するか1カ月後にするか問われ、嫌だから先延ばししたかったんですが、母の言うことに従い、その日に手術して帰ったんです。 ちょうど1カ月後が空襲でした」。 思い詰めたような顔で小池さん、執務室に戻り、安倍首相宛ての2通目の意見書を書くのだった。  次回に続く。

『台湾・基隆編』 台湾は南北に細長い島で、面積は約3.6万平方km(14,400平方マイル)、アジア大陸の南東、太平洋西側の東アジア諸島の間にあります。北は日本の沖縄諸島、南はフィリピン諸島に 隣接しています。アジア各地の航空交通の要所であり、アクセスに大変便利です。
c0288244_14454236.jpg
基隆港付近 1。

c0288244_14461019.jpg
基隆港付近 2。

c0288244_14464010.jpg
基隆港に停泊するホーランド・アメリカ・ライン・ザーンダム号。

c0288244_14471249.jpg
基隆車站(基隆駅)

c0288244_14473848.jpg
基隆駅付近。

http://nobuyasu.blog72.fc2.com/
[PR]
by nobuyasu27 | 2014-07-23 15:38

特集

「憲法9条をノーベル平和賞に」 戦争をしない日本を世界に広めましょう。

c0288244_14155375.jpg
ベリーズ『アルトゥン・ハ遺跡』

なかにし礼さんが詩   若者よ戦場へ行くな 平和の申し子たちへ!
「泣きながら抵抗を始めよう」「僕自身も泣きながら、ですから。日本がこんな国になってしまって悲しくて仕方ない。特定秘密保護法を先につくって、次は集団的自衛権。『戦争だから』と自由に発言できない時代はすぐそこです」と書いた。 詳しい記事は毎日新聞7月10日 東京夕刊でご覧ください。

2014年7月1日火曜日
集団的自衛権が閣議決定された
この日 日本の誇るべき
たった一つの宝物
平和憲法は粉砕された
つまり君たち若者もまた
圧殺されたのである
こんな憲法違反にたいして
最高裁はなんの文句も言わない
かくして君たちの日本は
その長い歴史の中の
どんな時代よりも禍々(まがまが)しい
暗黒時代へともどっていく
そしてまたあの
醜悪と愚劣 残酷と恐怖の
戦争が始まるだろう
ああ、若き友たちよ!
巨大な歯車がひとたびぐらっと

回りはじめたら最後
君もその中に巻き込まれる
いやがおうでも巻き込まれる
しかし君に戦う理由などあるのか
国のため? 大義のため?
そんなもののために
君は銃で人を狙えるのか
君は銃剣で人を刺せるのか
君は人々の上に爆弾を落とせるのか
若き友たちよ!
君は戦場に行ってはならない
なぜなら君は戦争にむいてないからだ
世界史上類例のない
六十九年間も平和がつづいた
理想の国に生まれたんだもの
平和しか知らないんだ
平和の申し子なんだ
平和こそが君の故郷であり
生活であり存在理由なんだ
平和ぼけ? なんとでも言わしておけ
戦争なんか真っ平ごめんだ
人殺しどころか喧嘩(けんか)もしたくない
たとえ国家といえども
俺の人生にかまわないでくれ

俺は臆病なんだ
隊は弱虫なんだ
卑怯者(ひきょうもの) ? そうかもしれない
しかし俺は平和が好きなんだ
それのどこが悪い?
弱くあることも
勇気のいることなんだぜ
そう言って胸をはれば
なにか清々(すがすが)しい風が吹くじやないか
(おそ)れるものはなにもない
愛する平和の申し子たちよ
この世に生まれ出た時
君は命の歓喜の産声をあげた
君の命よりも大切なものはない
生き抜かなければならない
死んではならない
が 殺してもいけない
だから今こそ!
もっともか弱きものとして
産声をあげる赤児のように
泣きながら抵抗を始めよう
泣きながら抵抗をしつづけるのだ
泣くことを一生やめてはならない
平和のために!
以上。

http://nobuyasu.blog72.fc2.com/
[PR]
by nobuyasu27 | 2014-07-16 11:54

台湾・高雄 7。

「憲法9条をノーベル平和賞に」 戦争をしない日本を世界に広めましょう。

c0288244_10331279.jpg
鳳山縣舊城南門

c0288244_1033579.jpg
鳳山縣舊城南門

c0288244_10343278.jpg
鳳山懸舊城

c0288244_1035180.jpg
世運主場館(高雄国家体育場) 国家体育場は台湾高雄市左営区の中海路と軍校路の交差点にあるスタジアムです。 高雄市政府により「ワールドゲームズ2009年」大会の為に建設された。  収容人数 55000人。

c0288244_10353197.jpg
台湾新幹線 1。

c0288244_10365322.jpg
台湾新幹線 2。

c0288244_10373095.jpg
台湾新幹線 3。

c0288244_1038152.jpg
台湾新幹線 4。

c0288244_10383124.jpg
台湾・高雄港に停泊中のHolland America Line号 1。

c0288244_10315748.jpg
台湾・高雄港に停泊中のHolland America Line号 2。

http://nobuyasu.blog72.fc2.com/
[PR]
by nobuyasu27 | 2014-07-03 11:58 | 台湾・高雄編